♪いらっしゃいませ♪
いつも来て下さる方も、初めての方も、ご閲覧有難うございます!
このブログは、自分嫌いな私が自分らしく、好きになれる自分を手探りながら探していくかなり自分勝手な日記です。でも、読んで下さる方に、笑顔や感動や共感も時々一緒に感じてもらえたらいいな…と思いながら書いています。読んで貰えるだけで幸せですが、コメントなんて頂けたら飛び上がって喜びます^^

2005年12月19日

不安と恐怖

20.JPG 昨日は少し飲み過ぎていた。旦那と海外旅行について話していた。旦那は数回、海外へ行っているけど私は経験が無い。昔は永住したいと思うほどアメリカに行きたかったけど、今はワクワクより不安のほうが大きい。各地で起こる地震・津波等の天災、テロや内乱、言葉もわからない土地で何かあったら?!という不安。
 そんな話から、テロや殺人事件の話になって、どうして人を殺すのかを考えた。テロリスト達は自分の死が本当に怖くないんだろうか?自分が死ぬ事を何とも思わないんだから、人の命を奪う事も、何とも思わないんだろうか。日本でも絶えない殺人事件。どうして歪んでしまったんだろう?そんな事を言うと旦那は「わかんないよ。俺心理学者じゃないし。」そうだよね。私にも解らない。
 いつからだろう?死について酷く敏感に考えるようになったのは。時々、生き抜く事への不安が、死の恐怖に勝ってしまう事がある。弱い自分が、例えようの無い不安に負けて、消えてなくなってしまいたい衝動に駆られる時、溢れ出す感情を止められない時、自分を見失ってしまう。
ある男がこう言った。「人間なんて勝手に産まれて勝手に生きて勝手に死んでいくんだから、俺が何をしてどう思おうと俺の勝手だよ。」この言葉に私は酷く憤りを感じた。私が消えてしまいたい時、深夜まで話を聞いてくれた友人がいて、筆不精な友人が長々と手紙を書いてくれて、母は力強い愛で包んでくれた。たまたま連絡しなかった友達だって、連絡していたら助けてくれたかもしれない。私の命は、私一人のものではないんだ。沢山の助けの上に成り立っている、沢山の人がいての私。そう思ったら、死ぬ事なんてなんてこと無いって思っていたのに、突然恐怖として私を襲う。

 命って奥が深いな。
そして自分も友達にとって、家族にとって、かけがえの無いものでありたい。
そんな事を、深酒すると考えるのでした。
posted by みほ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10840042

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。